PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 英国生活日記(19) チョコレート in ヨーグルト
こんにちは、Y です。今回は、最近見つけた意外と美味しい味の組み合わせについてのお話です。日本でもお馴染みのヨーグルト。スーパーに行くと、よくフルーツ入りのヨーグルトを見かけますが、イギリスでは、何とチョコレート入りのヨーグルトが売られています。そう、白いヨーグルトの中に、褐色のチョコレートが散らばっているのです。一見ぎょっとする組み合わせですが、これが意外と美味しいのです。

私が初めて食べたのは、チョコレートの細かいフレークが混ぜ込んであるものでした。甘さ控えめのダーク・チョコレートだったので、ヨーグルトの風味とけんかすることなく、冷えたチョコレートのパリパリとした食感を楽しむことができました。

次に食べたのは、チョコレート菓子入りのヨーグルト。これはミュラー社が販売しているコーナー・ヨーグルト・シリーズの一つで、食べる時にチョコレート菓子をヨーグルトに混ぜ込むようになっています。私が食べたのは、チョコフレーク(コーンフレークをチョコレートでコーティングしたもの)入りのものと、チョコボール(ライス・パフをチョコレートでコーティングしたもの)入りのもの。どちらもチョコレート菓子のさくさくとした食感が楽しめて、すぐに気に入りました。(ミュラー社の商品について、詳しくはこちら:http://www.mullerdairy.co.uk/nutrition-information/corners#204#211#。)

どうも、チョコレートとヨーグルトの組み合わせが合うポイントは、チョコレートの風味の主張を抑えて、その食感を活かすようにすることのようです。日本でも是非、パリパリ、さくさくとした食感を楽しめる、チョコレート入りヨーグルトを販売してほしいところですが、「それまで待てない!」という方は、チョコレート(菓子)とヨーグルトを組み合わせて、オリジナルのチョコレート入りヨーグルトを作ってみてください。意外な美味しさに出会えること、請け合いです。

Y : comments (x) : trackback (x)