PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 韓国:釜山&慶州旅行記
こんにちは、Ayakoです。韓国旅行記を書いている最中ですが、またまた旅友達から国内旅行のお誘いがありました。私自身は決して自分の事を旅好きとは思っていなくて、むしろ面倒くさいので自分で旅行を計画する事はほとんどありません。周りに旅好きの友人が多いので誘われて行く事がほとんどです。

さてさて、そんな旅好き友達の1人に誘われて突然決行した釜山&慶州旅行記の続きです。

大陵苑を出た私達が向かったのは、新羅発の女王、善徳女王が建てたと言われる東洋初の天文台、瞻星台(チョムソンデ)です。ちなみに新羅と聞くと、学生時代の歴史の授業を思い出しませんか。私は「高句麗、新羅、百済」の位置を書く問題が試験に出たのを覚えています。この三国を統一したのが新羅でその都が私達が訪れた慶州です。

「善徳女王」というドラマがあるので韓国ドラマ好きなら誰でも知っているこの女王。友人もこのドラマにはまった1人で彼女の今回の旅行のメインイベントが善徳女王の作ったこの瞻星台を見る事でした。

さて自転車を走らせていると、広大な公園が見えてきて驚きました。本当に広い!
ですが公園に入る前にもう1つ私達には目的が!そう、お昼ご飯です。慶州は「包むご飯」という意味のサムパブという、おかずやご飯を葉物の野菜で包んで食べる料理が有名だとの事で、ガイドブックで調べて公園の前にあるサムパブのお店に入りました。サムパブはソウルで何度か食べた事があって好きな韓国料理の1つなのですが、期待し過ぎたのか今回はちょっぴりハズレでした。この写真のお料理が全部大きなお盆にセットしてありお客さんが来たらすぐに出せるようになっていたので、席に着いたとたんこのおかずがバーっと並べられましたが、出てきた時にはもう冷めていてあまり美味しくありませんでした。しかも1つ、強烈にくさーーいお魚があり、思わずウェっと吐き出してしまいました。

「こんな事もあるさー」とばかりに気を取り直して公園へ目的の瞻星台を見に行きました。…がここでも期待を裏切られる事に(友人は特に)。

私達の交わした言葉は「あ、あれ、瞻星台ってこんなもん?」

…という所で続きは次回!

Ayako's journey to Korea : comments (x) : trackback (x)