PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# 中国語に訳されている日本の書籍
みなさん、こんにちはAkariです。
前回のブログに続き、香港でのお話です。

ずぶ濡れフェスを楽しんだ翌日は、帰りのフライトまでそれほど時間もないので、軽くショッピングに出かけました。

今回どうしても行ってみたかったのが、日本の蔦谷書店がお手本にしたという、台湾の書店、誠品書店の香港一号店です。随分前から話題になっていて、いつか台湾の誠品書店に行ってみたいと思いながらも時は流れ……、やっとこの目でみることができました。

Causeway Bayにあるショッピングモール、Hysan Placeの8F〜10Fがすべて誠品書店です。余談ですがエクスプレス・エスカレーター(1フロアごとに降りる必要のない長いエスカレーター……)という概念を始めて知りました!


怖いくらい長い。

お店の中の写真は許可を取っていないので無いのですが、日本の蔦屋書店をイメージしてもらえば大体OKです(笑)。というわけで、お店のコンセプト自体に特に目新しさはなかったのですが、日本のこんな本が売れているんだ〜! というのがわかったのが面白かったです。

目についたところで、たくさん置かれていたノンフィクション・実用書系の書籍は、ドラマ化も決まったベストセラー『嫌われる勇気』とその続編『幸せになる勇気』(共に岸見一郎/古賀史健:著)、『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(藤田孝典:著)、『平常心のコツ──「乱れた心」を整える93の言葉』(植西聰:著)、『新・片づけ術「断捨離」』(やました ひでこ:著)など。日本でも香港でも、気になる問題は変わらないのですね。

小説では、『きみの膵臓を食べたい』(住野よる:著)、『世界から猫が消えたなら』(川村元気:著)、『秒速5センチメートル』(新海誠:著)、『羊と鋼の森』(宮下奈都:著)などが、お店のベストセラーランキングに入っていました。割と新しいものがすぐに入っていっているんだな、という印象です。

* おまけ*

日本でも香港でも同じ、といえば、ボーイズラブ作品もそうですね。こちらの『上癮 Addicted』は、中国本土では配信禁止となってしまったという大人気ドラマの原作だそうです。友達が「ハマる」と言っていました。ドラマ自体も、ほとんど無名の俳優さんが起用されているそうですが、イケメン揃いで、これは日本でも人気が出そう……な気がします!
Akari::mémoires à Hong Kong : comments (x) : trackback (x)