PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ブログンサポート
OTHERS

# Horseback Riding
こんにちは、くーです。 メガネにも、携帯の着信音のように音が出る(=どこに置いたか忘れてしまったとき居場所を教えてくれる)機能があったらいいなぁと思う今日この頃・・・昨日のブログで紹介されたワシントンポストの記事にあったように私もヴィンヤサ・ヨガに通うべきでしょうか(^^;)

アメリカ滞在中はなるべく日本では出来ない事をさせてやりたいと考えるのはご理解いただけると思います。例えばニューヨークで本場のミュージカルを観たり、カリブ海でクルーズ旅行をしたり(私は船酔いするので断念しました^^;)。ご当地ならではの事でなくても、日本で同じ事をするにはどれくらいコストがかかるかを考えて、超円高という後押しもあり、少しお値段が張っても経験値を上げるべくやらせる事もあります。

その一つが乗馬。アメリカでは horseback riding と言います。「馬に乗るなら背中だろうに、なんでわざわざ back(=背中)と言うんだろう」と素朴な疑問を持ち、調べていたらイギリスでは horse riding と言うことが判明。不思議ですね。今年の夏、私達の住むマンションから車を1時間程走らせたところにある乗馬クラブで無料レッスンをやっているというので受けさせてみると、娘はかなり気に入った様子。レッスン受講が許される最低学年である第二学年になるのを待ち、週一回の正式レッスンを受けさせることに。気になるお値段はと言うと、セミプライベートレッスン(3人まで)で、一人あたり50ドル(=約4,000円)。日本だったら交通費だって馬鹿にならないところだし「価値あり」と判断したのです。

ところが本人が「どうしても」と言っただけあって、なにやらメキメキと上達し・・・今では写真のようにジャンプまでこなせるようになりました。[:あひ:]なんでもインナーマッスルの鍛えられた強い脚が乗馬に向いているらしいです。インストラクターから「ヨガでもやってるの?」と言われ、得意気になる娘。去年の夏、ポニー・ライドに乗りそびれ半ベソをかいていた娘が(詳しくは2010年8月23日付ブログで)、見違えるようです(笑)

.
*乗馬こぼれ話*
ジャンプの時に乗っていた馬の名前は Bruno(ブルーノ)。今まで六頭の異なる馬に乗って来ましたが、娘はこの馬との相性が一番いいようです。どうやらBruno君のほうも娘のことを気に入ってくれたようで、背の低い娘が手綱を掛ける時に(他の馬はしないのに)頭を下げてくれたり、娘にキスしようとして5回ほど顔を近づけていました(娘が拒否るので最後には手にキスをしてくれたそうです)。あの日は、だから調子が良かったのかな・・・傍から見ていても、何となく不思議なケミトリーのようなものが感じられました(^^)
Qoo::US Kid Journal : comments (x) : trackback (x)